オリジナルユニフォームでステキなお店を作ろう【業者に作成を依頼】

tシャツ作りのポイント

Tシャツ

適切な素材やプリント

ロングtシャツはそれ一枚でワンピースのようにも着られるだけでなく、パンツスタイルに合わせたりパジャマにしたり幅広い活用ができます。もしロングtシャツをオリジナルで作る際は、そんな用途の広さも想定しながら作るようにしましょう。またロングサイズとはいえtシャツなので、着やすさも考えて伸びる素材をチョイスするべきです。ただしあまりに伸びる素材だと、せっかくプリントしたり刺繍した部分がダメージを受けかねません。そんな理由からも、伸縮性についてはあまりこだわりすぎずそこそこあればいいくらいに考えておきましょう。他にもプリントや刺繍を入れる場合は、デザインが入れやすい色や素材を選んでおくようにしてください。そうしないと、せっかくデザインを考えてもインクがうまく定着しなかったり糸がほつれてしまって悲惨な状態になります。こだわりのデザインを活かすためにも、この点はきちんと対策しておきましょう。その上でロングtシャツを作る時は、汗をかいたり洗濯をした時のことを考えて速乾性や吸水性の高い素材にしておきます。長さがあるロングtシャツがいつまでも乾かないと、生乾き臭が発生したり着ていて不快感を感じかねないからです。業者に依頼してロングtシャツを作る場合、素材になる種類が豊富に選べます。おかげでこれほどわがままなリクエストをしても、その条件に合う物が必ずみつかります。なんにせよ素材やプリントにこだわってロングtシャツを作る時は、まず業者に問い合わせて条件に適した素材のアドバイスを受けましょう。それなら経験豊富なプロが適切な物を選んでくれるので、間違いなく良い物が作れます。

Copyright© 2018 オリジナルユニフォームでステキなお店を作ろう【業者に作成を依頼】 All Rights Reserved.